建て売りと注文住宅のそれぞれの魅力を考えてみましょう。

建て売りと注文住宅のそれぞれの魅力を考えてみましょう。

建て売りと注文住宅とは?

建て売りとは既に建ててある家を購入することです。

建て売りの利点は出来上がっている家を購入するため、入念な下見を何件か周り住む家を決定できるので、その分失敗が少なく済みます。

注文住宅とは、土地から建物までの最初から最後までをハウスメーカーや工務店さんと話し合いをすることで、建てる前の段階から買主が介入できる住宅の購入方法です。

こだわりが多い人や建て売りで納得出来なかった人は注文住宅にするのも良いでしょう。

建て売りも良いけど、注文住宅も!

建て売り住宅も良いですが、今は注文住宅で購入される方も増えています。

なぜなら、こだわり過ぎれば切りはないものの予算を決めてからその中で自分好みの家を作ることができるという魅力は大きなものだからです。

注文住宅はどれ程の融通をきかせてくれるのか、と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?しかし、ほとんどのワガママは通してくれます。土地の広さや、建物の広さ、間取りから外壁の素材、正面のデザイン、壁紙のデザイン何から何まで自分次第なのです。

小さなお子様のいるご家庭は落書きしても消せる壁紙にしたり、二世帯住宅にするのならばお父様、お母様のためにバリアフリーにしたり、お風呂はゆったりくつろげる空間にしたりすることも可能です。

住宅展示場に行けば、様々な家のサンプルとハウスメーカーや工務店の方と直に話し合うこともできます。

一生で一度の大きなお買い物だからこそ、入念に作り上げたマイホームでいい暮らしなどいかがでしょうか?

注文住宅で快適な毎日を手に入れてみましょう。

建ててある家を買うのが建て売り住宅、一からハウスメーカーや工務店の方と相談しながら建てるのが注文住宅です