注文住宅を確実に成功させることができる3つの視点!

注文住宅を確実に成功させることができる3つの視点!

注文住宅を建てる土地が大切

土地は非常に重要な要素で、建物が満足がいくものでも、災害に強いかどうかや利便性に欠けていれば意味を成しません。例えば、災害での観点では、周辺に山があれば土砂災害のリスクが高まりますし、川や海があれば洪水の危険があります。利便性の観点では、駅から近いかとか、小学校などの教育機関があり、ある程度近いものであるかや通勤に差支えがないかといったことです。土地の確保の仕方と注文住宅のハウスメーカーをセットで検討する必要があり、土地がよくても希望のハウスメーカーが手を出せないケースがありますので確認することが重要です。

設計には構想が重要となります

注文住宅は、設計が幅広く行うことができますのでいろいろな希望を取り入れることができます。何度か打ち合わせを繰り返すのですがある段階では決断が必要になります。お互い気持ちよく契約に結び付けるにはまず構想が重要になります。家族構成による間取りの決定や何年住むかによるバリアフリーや二世帯住宅の配慮や趣味やエコな住宅にしたいかといった機能の検討などがあります。これを設計者に正しく伝えることで、顧客のニーズを実現してくれる設計図が完成します。これをはっきりさせないと、打ち合わせをしてもまとまりません。

予算を明確にする必要性

注文住宅の価格は幅広いので、まずは予算を明確にすることが重要です。ローン設計もしっかりして支払いに支障がない計画にする必要があります。壁紙素材やソーラー設備などオプション要素は多岐にわたるためです。そうすることで、できることとできないことが明確になります。

足立区の注文住宅の魅力を知るために、各地で開催されているモデルルームの見学会などに出向くことで、ニーズの高い物件の長所を確認しましょう。